FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恋のinformed consent55

お得意のプレビューなげー状態。
今回は短いです。そして次回最終回!


はやてさ~ん。誕生日書きたかったよ~。
でも、ネタがギャグになっちゃうよっぉおおお('A`)





『恋のinformed consent55』





「よし、ちゃんと縫えてる?」

「は、はい。今までよりも手をかけていると思います」

「フフ。そっか…。それじゃあクランプ外すよ」

「え?確認は…」


「ん?いらないでしょ。学生時代も練習用血管チューブで人一倍練習してたし、
それに透析シャントの症例も腐るほどやってる。
これでも一通りここのデータ目を通してるって。赴任時にオリエンテーションいらないって言ったの忘れた?」



「でも…」



「自身持って、アリサ。ちゃんと出来てる。ここにいる私がそう言っているんだから。
それに漏れていたら又縫えばいい事。これからがもっと大変なんだから」




顕微鏡のような眼鏡を装着した二人が、特に一人は緊張した面持ちで目の前の人工血管を眺める。
その傍にパイパスのように枝分かれした臨時の血管チューブからはゆっくりと血液が流れていた。




フェイトは止めていた人工血管が繋がっている血管の鉗子に指を入れると、そのクランプをゆっくりと外し始め、そしてそのままバイパスの血管チューブを再び挟む。




「うん、流れてるね。そしたらつなぎ目を再度確認。解っていると思うけど、漏れてるようなら人工血管が赤く汚れる。どう?」

「はい。大丈夫だと思いますけど…。もう少し待っても良いですか?」

「うん、念を入れることに越した事はないからね」










「なのは、膿盆と、こうせ…いや、生食だけでいいわ。準備してくれるかしら」

「はい、アリサ先生。30の注射で良いですよね」





縫合場所を暫く眺めていたアリサの言葉に、なのはは注射器を2本準備すると膿盆と生食の入った注射器をフェイトに手渡した。




「正解。抗生剤が入っていると、逆に感染を起す確立が高い。特にこの子のような抵抗力が弱いって明らかに解る患者には生食で洗浄するのが一番なんだ。
そう、ゆっくりだ。血管縫合糸はかなり細いからね、何をするにも丁寧に優しくだよ」


「はい!うん……。漏れ、ないです」




繋ぎ目をゆっくりと生食で洗浄して、漏れの無いことを確証したアリサがフェイトに向かって顔を上げると




「それじゃあ他に出血がないか確認。私はバイパスの方を処置しておくから。
なのは、生食にヘパリン」



と言葉を繋げた。その言葉を切っ掛けに静まり返っていた戦場が再び動き始める。






「よっしゃ!CBC、生化。血ガスもや。大至急って検査室に言っといて!」
とはやてが部下の麻酔医に支持をだし、



「すずかちゃん、ガーゼカウント始めてくれる?此処にあるのは、わたしがやるから」
となのはがすずかに声をかける。



「ヴィータちゃん、そっちは洗浄OKかしら?閉じても良いわよね?」

「こっちは、問題ないねーなシャマル。ついでにドレーンも準備してあるぜ」
と下の殺傷部位を処置していた二人も峠を乗り越えていた。







「フェイトちゃん。フェイトちゃんの教え通りだと、今からゆっくり体温上げるんやよね?」


「そうだね。血流が早くなるから、ショックを起す可能性がある。血管が再度破裂したりもね。
だから、腹膜を縫う時が理想かな?以上が見られれば直ぐに処置が出来るように」

「ん、なら良いかな?血ガスも思ったほど悪くない。ほいじゃあ始めるよ」



「フフ。頼もしい教え子達だ。さて、最後の一仕事。アリサ、出血が無ければ下から縫合初めて。
月村さん、ガーゼカウントはOK?それじゃあ、私は詰めていた心臓の方取り掛かるね」






バタバタと外回りが走る音が聞こえる。
糸ちょうだい、ベアンくれる?と声が聞こえる。


でもそれは、最初に聞こえた喧騒と全く別の意味を持つ喧騒。
一日も二日もかかっていると感じた手術が、終わりを迎えようとしていた。


関連記事

テーマ : 二次創作:小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

なうなう!
カレンダー(月別)
05 ≪│2019/06│≫ 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

温敦(おんとん)

Author:温敦(おんとん)
基本なのフェイなのすきー
SSは百合確立100%!無理な方は戻るボタンで戻ってーー

でも、素人かつ文才が無いので、SSは出来るのか不安・・・
リンクフリーです。一言頂ければ張り返しに伺いまっせ。

ポチると恥ずかしさの余り赤面します
最新記事
カテゴリー(選択したカテゴリーに飛びます)
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
日本語→英語自動翻訳【星条旗】
English English得袋.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。