FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんな子なら…シリーズ化3

こんなこなら→→→此処をクリックだ~ヽ(゚∀゚)ノ




なのは貞子。
本来のなのはさんのキャラズダボロ~。
いや、温敦は本来キャラクラッシャーだって事は重々承知。
自己満足で十分!な性格も重々承知。

だから、このブログは殆どパラレルなんだよね( `д´)b





「えっと、コーヒー飲む?解るかな?コーヒー」

お風呂から上がり、タオルで頭を乱雑に擦りながら台所に立つ。
やかんに火をかけながら、インスタントの瓶を取り出しつつ振り向けば、ブッと思わず吹き出してしまっていた。




居たから。



嫌、泊っていってなんて言ったのは私だから居るのは当たり前なんだけど…。






台所から丸見えに見える寝室の出入口。
本人的に見えるか見えないか位の位置に佇む幽霊?が一人。





「えっと…。何、してるの?」


「………」


「……。も、もしかして…。驚かしているつもり…かな?」

(コクッ。コクッ。)



「あ~。幽霊の世界でのルーチンって事か…」


「る、ル?」



「あぁ、ごめん。当たり前って事。決まった作業ね。驚かしたり、呪ったりってのが幽霊?怨霊?の仕事でしょ?」

(コクッ。コクッ。)




「えっと…。君には申し訳ないけれど、今のその格好じゃ驚かすってより誘ってる感じにしか見えないよ。
私のワイシャツだしね。お風呂入って汚らしい、薄暗~い雰囲気も無いし。小奇麗だし」




「グッ…。グスッ…」




泣き出して、走って行こうとする彼女の右手を慌てて捕まえる。


逃げ出すって言うよりか、何かをしようとする彼女の表情に暫し考え…。








「う~ん。もしか…して…。家に帰って汚して来ようかと思ったり…?」


ビクッ!!







「やっぱり…」





「はな…して…」

「良いけど、家を汚されるのはちょっとね…」




「駄目…。幽霊の、る、ルーチー…?」



「ルーチー?あ、ルーチンね。薄汚れてるってのは私の一般論でね…。う~ん…。
君がそれで気が済むなら良いけど、汚れると掃除しなきゃだから、その後構ってられなくなるけど?」



「でも…」

「あ~。そうだね。そういえば、掃除しても君が汚れたまま歩いたりしたら又汚れちゃうね…」



「………」

「そしたら、又掃除しなきゃだから困るね」




「……」



「私も今日は少し体調が優れないし、床なら拭けば綺麗になるけど、お布団とか毛布とかタオルケットとか……寝具類汚されるのは困るんだよね。
お客さん様の余りなんてないから洗濯している間は私の使う物がなくなっちゃうし…。

でも…何時もご飯とか作ってくれるお礼として、君の要望にも答えたいし…」




「…」



「うん。こうしよう。汚しておいで、そしたら君は思う存分私を驚かせば良いよ。付き合ってあげるから。う~ん寝なきゃいけないし、掃除もしないとだから時間を設けようか…。


一時間。一時間でどう?一時間したらお遊びはおしまいね」


「!!いいの!?それじゃあ今からお家にかえ…」

「そしたら君は、今日はお泊りじゃなくて家に帰るんだよ。だって汚れたままお布団に寝かせられないし、お風呂もうお湯捨てちゃったから入れないしね」


「いや!」


「ん?何?」





「い…いや。だって…フカフカのお布団で寝れるんでしょ?」




「うん、そうだね。どうする?私はどっちでも良いよ?今日はお礼しようかと思ったから…君の好きなようにすることにするよ。
遊ぶなら今から家に戻ってね。その間にビニール敷いたりとか準備しておくから…。

泊まるなら、少し話ししたいかな?君がどうしてご飯作ってくれるのかとか、私の所に来た訳とか、呪いって効いてる感じがしないのだけど、どうやってかけてるのかとか…。

ほら、かかりかた知っていた方が私もかかりやすいじゃない?協力できるなら協力したいし…。

話すなら飲み物も必要だよね?コーヒー飲んでみる?紅茶もあるし…。
両方飲んだこと無いよね?触ってる所見たこと無いし…。君の時代には無かったのかな?
入れてあげるよ。美味しいよ?リビングのソファーに座ってるだけで良いんだ。
私が入れてあげるから…丁度やかんも沸いた事だしね」


彼女がオドオドと話そうとするのを遮るかのように、畳み掛ける勢いで話し続ける。



もう一息。


それから私は何とも無しに彼女を掴んでいた手を離して、ヒラヒラと仰ぎながら台所のコンロへ向かい何時もの見慣れたカップにインスタントコーヒーを入れ砂糖も入れずにお湯を注ぐ。

横目で彼女の行動を覗き見しながら、フフと笑みを浮かべ、まっさらなカップを二つ取り出した。


関連記事

テーマ : 二次創作:小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

なうなう!
カレンダー(月別)
03 ≪│2019/04│≫ 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プロフィール

温敦(おんとん)

Author:温敦(おんとん)
基本なのフェイなのすきー
SSは百合確立100%!無理な方は戻るボタンで戻ってーー

でも、素人かつ文才が無いので、SSは出来るのか不安・・・
リンクフリーです。一言頂ければ張り返しに伺いまっせ。

ポチると恥ずかしさの余り赤面します
最新記事
カテゴリー(選択したカテゴリーに飛びます)
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
日本語→英語自動翻訳【星条旗】
English English得袋.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。